kintoneで問い合わせを
一元管理SCENE

問い合わせの対応状況を見える化し対応漏れを防止

問い合わせ管理でこんなお悩みありませんか

  • 他の担当者の対応状況がわからず、
    対応漏れや二重対応が発生している
  • 対応が属人化しており、
    対応品質にばらつきがある
  • 対応内容をExcelで管理してるが、
    情報の共有がうまくいかない

kintoneでは以下の様な場面で
お問い合わせ業務に活用されています

  • お客様窓口での対応業務に

  • 社内の問い合わせ管理に

  • イベントのお申し込み管理に

kintone活用のメリット

  • ノウハウの蓄積が可能

    属人化してしまいがちな問い合わせ業務の中で、よくある質問などをFAQで共有することで、対応品質を一定に保てます。
  • データ活用が可能

    繁忙期の問い合わせ件数や内容などを分析し、リソースの調整や、製品の改善などにも活用できます。
  • 過去のやり取りにスピーディにアクセス

    お客様より、過去の問い合わせ内容に言及されてもすぐに検索して、過去の問い合わせ情報にアクセスが可能です。

連携でさらに効率化を実現

kintoneなら他のシステムとの連携も可能。メールやフォームなどのシステムと連携させることで、情報を素早く確認でき、対応状況を見える化することで、対応漏れや、対応遅れを防ぎ、効率的に業務を進めることができます。

生産性を高める機能も豊富

  • レポート機能
    グラフなどを使い視覚的に分かりやすいレポート
  • リマインド機能
    タスクの抜け漏れを防止
  • プロセス管理
    タスクのステータスを管理
  • メンション
    特に読んで欲しい人への通知
  • コミュニケーション
    情報共有・コミュニケーションの活性化
  • モバイル対応
    いつでもどこでも対応できる

お問い合わせ・お見積り依頼

kintoneアプリの開発・カスタマイズに関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください