kintone基礎講座COURSE

kintoneでデータをグラフ化する

kintoneでデータをグラフ化する

グラフ機能を使用すると数値の合計やレコード数などを集計するための条件を設定できます。設定した条件は、アプリのトップページ(レコード一覧)に表示され、アプリの利用者が使用することができます。
グラフは、以下の種類の中から選択できます。

 

*横棒グラフ、立て棒グラフ:項目ごとの集計値を棒線で表現したグラフです。

・集合グラフ:項目ごとの集計値の大きさを比較する際に適したグラフです。「分類する項目」に指定した項目の値でレコードが分類されグループごとの集計値が棒線で表現することができます。

・積み上げグラフ:項目ごとの集計値の全体に対する割合と、全体の合計値を比較する際に適したグラフです。「分類する項目」に指定した項目の値でレコードが分類されグループごとの集計値が積み上げられて棒線で表現することができます。

・100%積み上げグラフ:項目ごとの集計値の全体に対する割合を比較する際に適したグラフです。「分類する項目」に指定した項目の値でレコードが分類され、グループごとの集計値の全体に対する割合が棒線で表現することができます。

 

*折れ線グラフ:時間の経過に伴う集計値の変化を表現する際に適したグラフです。

 

*曲線グラフ:時間の経過に伴う集計値の変化を表現する際に適したグラフです。グラフのそれぞれの点は平滑曲線で結ばれます。

 

*面グラフ:項目ごとの集計値を折れ線グラフで表現しX軸に向かった領域を色で塗りつぶしたグラフです。

・積み上げなしグラフ:時間の経過に伴う集計値の変化と項目ごとの集計値の差を表現する際に適したグラフです。「分類する項目」に指定した項目の値でレコードが分類されグループごとの集計値が折れ線で表現することができます。

・積み上げグラフ:時間の経過に伴う項目ごとの集計値の変化と全体の合計値の変化を表現する際に適したグラフです。「分類する項目」に指定した項目の値でレコードが分類されグループごとの集計値が積み上げられて折れ線で表現することができます。

・100%積み上げグラフ:全体に対して各項目の集計値が占める割合の時間の経過に伴う変化を表現する際に適したグラフです。「分類する項目」に指定した項目の値でレコードが分類されグループごとの集計値の全体に対する割合が折れ線で表現することができます。

 

*曲線面グラフ:項目ごとの集計値を平滑曲線で表現しX軸に向かった領域を色で塗りつぶしたグラフです。

・積み上げなしグラフ:時間の経過に伴う集計値の変化と項目ごとの集計値の差を表現する際に適したグラフです。「分類する項目」に指定した項目の値でレコードが分類されグループごとの集計値が平滑曲線で表現することができます。差の表現のため、それぞれの線のX軸に向かった領域が塗りつぶされています。

・積み上げグラフ:時間の経過に伴う項目ごとの集計値の変化と全体の合計値の変化を表現する際に適したグラフです。「分類する項目」に指定した項目の値でレコードが分類されグループごとの集計値が積み上げられて平滑曲線で揚言することができます。

・100%積み上げグラフ:全体に対して各項目の集計値が占める割合の時間の経過に伴う変化を表現する際に適したグラフです。「分類する項目」に指定した項目の値でレコードが分類されグループごとの集計値の全体に対する割合が平滑曲線で表現することができます。

 

*円グラフ:項目ごとの集計値の全体に対する割合を表現する際に適したグラフです。「分類する項目」に指定した項目の値でレコードが分類されグループごとの集計値の全体に対する割合が円で表現することができます。

1. グラフを新規作成する

まず、kintoneにログインし目的のアプリを探します。

 

【クリック後のアプリ内表示イメージ図】

 

以下画像のように、右上にあるのアイコンをクリックし、「アプリの設定を変更」をクリックします。

 

アプリの設定画面に移動します。
グラフタブをクリックし、のアイコンをクリックしてグラフを新規作成します。

 

【設定イメージ図】

①グラフ名を入力します。

②グラフのオプションを設定していきます。
 グラフの種類:集計結果の表示方法を選択することができます。

③分類する項目:レコードを分類して集計する際に分類する項目を選択することができます。日付やフィールドを選択すると「月単位」「日単位」などレコードを分けて集計することができます。

④集計方法:レコードの集計法方法を設定することができます。日時のフィールドの値が最新のレコードや最も古いレコードを探す場合は、それぞれに「最大値」と「最小値」を選択します。

⑤条件:特定のレコードにしぼって集計する際は、絞り込み条件を設定します。

⑥ソート:集計結果のソート方法を選択します。

⑦定期レポートを有効にする場合は、「集計結果を定期的に記録する」にチェックをいれ、自動記録の開始日時と集計間隔を選択します。

⑧「保存」をクリックします。

 

【保存をクリック後のイメージ図】

アプリの設定画面にて、作成した一覧が確認できましたら「アプリの更新」をクリックします。

 

確認の表示がされますので「OK」をクリックします。

 

アプリのトップ画面に戻り、作成した一覧が表示されていることを確認します。

 

【作成したグラフイメージ図(表示形式)】

2. グラフの切り替え

作成したグラフを切り替えます。

①グラフの種類を選択します。
②グラフの表示方法を選択します。

 

【切り替え後のグラフイメージ図】

3. グラフの編集

編集する際は、アプリの設定画面を開き、グラフを表示します。

 

編集したいグラフののアイコンをクリックし、編集画面に移動します。

 

新規で作成した際と同じように、変更点や修正点を編集していきます。

 

編集が終了したら、「アプリを更新」をクリックします。

 

アプリのトップページに戻りますので、作成したグラフを指定して編集がされていることを確認します。

フルカスタマイズのkintone業務アプリを
最短5営業日30万円で開発可能!

Javascriptカスタマイズ、API連携などを用いて、貴社のご要望に応じた業務アプリを最短5営業日30万円で構築します。
プログラムは kintoneと同様にクラウド上で動作するため、ハードウェア等の設備投資・メンテナンス費用は不要になり、低コストでの構築が可能です。

アプリ開発例

kintoneでパッケージとして、提供されている機能を活用し、低コスト・短納期での業務アプリ開発が可能です。
また、基幹システムとの連携や現在ご利用中のシステムと連携したフロントシステムとしての利用など様々なシステムに対応することができます。
システムクレイスは、サイボウズ オフィシャル SI パートナーとして豊富な業務アプリ開発実績があります。

お問い合わせ・お見積り依頼

kintoneアプリの開発・カスタマイズに関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください