一問一答Q & A

kintoneのアプリ内でアクセス権の付与は可能でしょうか?

kintoneのアプリ内でアクセス権の付与は可能でしょうか?

kintoneアプリ上でのアクセス権の付与は可能です。

kintoneのアクセス権は、アプリ作成時・編集時にアプリ設定のアクセス権の項目からユーザーごと、組織ごと、グループごとに設定を行うことが可能です。また、アクセス権は、大きく分けて以下の3つのパターンが挙げられます。

・アプリへのアクセス権
・レコードへのアクセス権
・フィールドへのアクセス権

アプリごとやアプリ内でも各レコードやフィールドでアクセス権(そのデータを表示非表示を設定できる)を設定できるので、よりセキュアで組織的な運用が可能となります。

以下、それぞれのアクセス権についての概要を記載します。

アプリへのアクセス権について
アプリへのアクセス権は、

(1)レコード閲覧
(2)レコード追加
(3)レコード編集
(4)レコード削除
(5)アプリ管理
(6)ファイル読み込み
(7)ファイル書き出し

に対する設定を行うことが可能です。

上記「(5)アプリ管理」では、アプリの設定変更や削除を行うことができる権限を設定することができます。
また、「(6)ファイル読み込み」・「(7)ファイル書き出し」へのアクセス権の設定とは、それぞれ、CSVファイルの読み込み・CSVファイルの書き出しのことを指します。

レコードへのアクセス権について
レコードへのアクセス権は、

・閲覧
・編集
・削除

の設定を行うことが可能です。

レコードへのアクセス権では、レコード内の項目(フィールド)内容の条件指定をして、アクセス権の設定が可能です。
例えば、チェックボックスフィールドを用意してある状態で、チェックボックスにチェックが入っていたら、特定のユーザーにはこのレコードは閲覧させないようにする、
といった設定が可能となります。

フィールドへのアクセス権について
フィールドへのアクセス権は、

・閲覧
・編集

の設定を行うことが可能です。

フィールドごとに、閲覧・編集のアクセス権を設定することが可能です。
フィールド内容を固定させておきたい、固定させて、且つ他の人に見えないようにしておきたい、といった場合に活用できます。

フルカスタマイズのkintone業務アプリを
最短5営業日30万円で開発可能!

Javascriptカスタマイズ、API連携などを用いて、貴社のご要望に応じた業務アプリを最短5営業日30万円で構築します。
プログラムは kintoneと同様にクラウド上で動作するため、ハードウェア等の設備投資・メンテナンス費用は不要になり、低コストでの構築が可能です。

アプリ開発例

kintoneでパッケージとして、提供されている機能を活用し、低コスト・短納期での業務アプリ開発が可能です。
また、基幹システムとの連携や現在ご利用中のシステムと連携したフロントシステムとしての利用など様々なシステムに対応することができます。
システムクレイスは、サイボウズ オフィシャル SI パートナーとして豊富な業務アプリ開発実績があります。

関連する一問一答

お問い合わせ・お見積り依頼

kintoneアプリの開発・カスタマイズに関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください