一問一答Q & A

無料のクラウド型顧客管理システムとの違いはなんですか?

無料のクラウド型顧客管理システムを見かけることがありますが、Kintoneで顧客管理したい場合、無料サービスとどのような違いがあるのでしょうか?

クラウド型の顧客管理システムは、数多くの種類が多数見受けられますが、その中には無償で利用できる顧客管理システムも存在しています。
誰でも利用することができ、様々な機能を試すことができるのが無料のメリットです。
ですが、無償である分デメリットもあり有料のシステムと比べると大きな違いがあります。

1.利用人数・利用できる機能に制限がある
 ほとんどの無償サービスは3ユーザーまでしか利用できません。多くても10ユーザーまでの無償サービスを提供しているようです。
 それ以上のユーザー数で利用したい場合は、有償サービスに切り換える必要があります。
 機能面については、無償サービスでは基本的な機能(例:顧客情報の登録のみなど)しか利用できず、
 詳細な設定やカスタマイズなどをしたい場合は無償サービスではどうしても限度がでてきてしまいます。
 その点Kintoneなら、30日間と期限はつきますが有償サービスと同じ機能をトライアルできるので
 カスタマイズやプログラミングでのアプリ作成などの使用感を試すことが可能です。
 使用してみて満足いただけたならそのままデータを引き継いだまま有償サービスにすることも可能です。

2.メーカーからのサポートがない
 無償サービスはメーカーからのサポートは対象外の場合がほとんどです。
 サービスの操作方法や、ほんの少しの疑問など、質問したくてもメーカーへの連絡先が無償サービスには記載されていないので
 メーカーサポートへ連絡することができず、自力で調べるしかありません。
 Kintoneなどの有償サービスなら、メーカーからのサポートが充実しているのはもちろんのこと弊社のような開発している企業が
 機能を開発しそのままサポートまで請け負うことも可能です。

3.セキュリティ面が不安定
 無償サービスのほとんどはセキュリティに関して保証していることがありません。
 不正アクセスやデータがいつの間にか抜き取られているかもしれないなど、ユーザー側からは見えない脅威もままあります。
 また、ログインに必要なアカウントがフリーメールのアドレスでも問題ないなどのサービスもあり
 顧客情報だけでなくメールの内容なども社外に情報漏洩してしまう可能性もあります。
 その点Kintoneなどの有償サービスは、セキュリティ面にも力を入れており、外部からの不正アクセスはもちろんのこと
 ログインに必要なアカウントがフリーメールだとしても強固なセキュリティでしっかりブロックします。

フルカスタマイズのkintone業務アプリを
最短5営業日30万円で開発可能!

Javascriptカスタマイズ、API連携などを用いて、貴社のご要望に応じた業務アプリを最短5営業日30万円で構築します。
プログラムは kintoneと同様にクラウド上で動作するため、ハードウェア等の設備投資・メンテナンス費用は不要になり、低コストでの構築が可能です。

アプリ開発例

kintoneでパッケージとして、提供されている機能を活用し、低コスト・短納期での業務アプリ開発が可能です。
また、基幹システムとの連携や現在ご利用中のシステムと連携したフロントシステムとしての利用など様々なシステムに対応することができます。
システムクレイスは、サイボウズ オフィシャル SI パートナーとして豊富な業務アプリ開発実績があります。

関連する一問一答

お問い合わせ・お見積り依頼

kintoneアプリの開発・カスタマイズに関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください