kintone 活用イメージサービス業(飲食)のシステム開発例

クラウドのリアルタイム管理で食材の発注や廃棄コストを削減

飲食サービス業によくあるお悩み

  • 食材の的確な在庫量が
    把握できない
  • 細かなデータがなく、
    発注量を勘に頼っている
  • レシピ量が多くなりすぎて
    管理ができない

そんなお悩みをkintone活用で解決

飲食サービス業の業務改善を
kintoneによるシステム開発で実現

kintone活用イメージ

課題1 日々の残飯量をFAXで本部に報告している

  • ・計測や報告書への記載、FAX送信と大きく時間をとられる。
  • ・紙の資料をExcelへ転記して集計しているため、時間がかかり、ミスも多い。
  • ・集計結果の報告が遅れ、現場で適切に活用できない。
    など

全社レベルの残飯量把握をリアルタイムに

  • kintone 活用
    • ・店舗は必要なデータをkintoneに入力するのみ
    • ・自動集計・グラフ表示機能で店舗ごとの実績を集約
    • ・各店舗へのリアルタイム周知
  • 導入効果
    • ・営業終了後の事務作業を削減
    • ・本部の再集計業務のリソースをカット
    • ・リアルタイムの情報処理により、意思決定スピードが向上

課題2 取引先への発注ミスや発注書紛失が発生する

  • ・在庫確認・発注書作成、FAX送信の効率が悪い。
  • ・FAXや電話だと取引先とのコミュニケーションがうまくとれない。
  • ・発注漏れでお客様に商品を提供できなくなる。
    など

クラウド化により発注業務のコストを⼤幅削減

  • kintone 活用
    • ・タブレット操作で厨房、倉庫などから直接在庫情報を入力
    • ・データ入力後、自動的に発注書のPDFを作成
    • ・発注書のPDFファイルをワンクリックで取引先に自動送信
  • 導入効果
    • ・場所を選ばないデータ入力と送信が可能となり、発注作業を大幅短縮
    • ・転記の必要がなく、伝達ミスや記録漏れが減少
    • ・紙にかかるコストが削減

課題3 大量のレシピをExcel管理している

  • ・ファイルサイズが大きくなりすぎて開かない。
  • ・複数ファイルに分けることで管理作業が煩雑になる。
  • ・メニュー改変時に正しい情報を現場に伝えられない。
    など

帳票ツールとkintoneの組み合わせでメニューとレシピを一元管理

  • kintone 活用
    • ・⾷材に関する原材料表⽰や原価管理、盛りつけに利用する⾷器情報、マニュアルと⼀体化したレシピ情報を⼀元管理
    • ・⾷材とメニューをクロス集計するなど、kintone 上にある様々な情報を取り出して分析できるような環境を整備
  • 導入効果
    • ・ファイル管理の効率化を実現
    • ・調理工程や盛り付け方などの情報を迅速かつ正確に現場に配信可能に
    • ・メニュー改変時のチェック作業が一切不要に

kintone開発なら更に使いやすいシステム導入が可能

kintone開発なら、自社の目的に合わせて有効活用可能です。

1既存のシステムとの連携や高度なカスタマイズが可能

APIを使用し、現在ご利用いただいている既存の基幹システムとkintoneを連携することが可能です。
kintoneアプリをJavaScript・プラグインでカスタマイズできるため、ガントチャート表示やGoogleMapの表示など、お客様のご要望に合わせた機能の追加が可能です。

2フルカスタマイズで貴社に最適な運用を実現

パッケージ型クラウドサービスは、簡単にスピーディーに導入できる反面、カスタマイズができないため、自社の業務フローにぴったりの運用を行うことは困難です。kintoneで開発すれば、フルカスタマイズで、貴社の業務フローに最適なシステムの開発が可能です。

3開発後、運用しながらドラッグ&ドロップで改修可能

システム開発後は、プログラムの知識がなくても、ドラッグ&ドロップで、直感的・視覚的に操作を行うことができ、簡単にシステムの改修が可能です。

4複数の機能を組み合わせたシステム構築も低コストで

ワークフローシステムと勤怠管理、顧客管理と営業日報など複数のシステムを利用する際には、通常、別のクラウドサービスの契約が必要となり、コスト面、システム連携面で問題が生じます。kintoneであれば、低コストで複数の機能を組み合わせたシステムを同時に開発できます。

5アプリの追加も簡単・自由

kintoneでシステム開発を行うと、アプリの追加を画面上で自由にうことができます。必要なアプリを必要なタイミングで簡単に作成することができるため、機動的なシステム運用が可能になります。

6トータルコストの低さ

月額制クラウドサービスとシステム開発で費用を比較してしまうとどうしても、月額制クラウドサービスの方が安いイメージがあります。ただ、kintoneアプリ開発は30万円~対応可能。
ユーザー数ベースで課金されるクラウドサービスを数年単位で利用することを考えると、kintone開発の方がトータルコストが安くなります。

短納期・低コストで開発

月額制クラウドサービスは、初期費用が安く導入しやすいメリットはありますが、カスタマイズがきかないため、どこかで妥協が必要となります。
一方、従来のオンプレミスの開発では、設計・開発などを独自に行うため、膨大な時間とコストが掛かっていました。
kintoneは、必要な機能だけをクラウドアプリに組み込むことが出来るため、短納期・低コストでの開発が可能です。
また、運用開始後の修正やカスタマイズ、機能追加も可能ですので組織の成長に合わせたシステム運用を実現します。

複数の機能を組み合わせたシステムの構築も可能!
たとえば、以下のようなシステムを同時に低コストで開発できます。

その他の活用イメージ

開発サービス案内

kintoneを活用しているが、もっと自社用に使いやすくしたい、現状クラウドサービスの導入を検討しているが何がどう違うのか分からない、そのようなお悩みはありませんか。
システムクレイスではkintoneを活用し、お客様がより低コスト・短納期で業務効率化を図れるようサポートします。

お問い合わせ・お見積り依頼

kintoneアプリの開発・カスタマイズに関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください