kintone 活用イメージ情報通信業

クラウドによるデータ共有で業務効率化

情報通信業によくあるお悩み

  • 提案資料を各自がそれぞれ資料を作成している。
  • Excelで顧客管理をしているため、状況把握スピードが遅い。
  • データの情報共有が
    うまくできていない。

そんなお悩みをkintone活用で解決

情報通信業の業務改善をkintoneが実現

kintone活用イメージ

課題1 提案資料を営業一人ひとりが個別に作成している

  • ・社内に同じような資料が複数存在し、非効率となっている。
  • ・バージョンアップの度に資料を作り直す必要がある。
  • ・データ容量の大きい動画などのファイルは利用できない。
    など

提案資料を整理して生産性を向上

  • kintone 活用
    • ・資料の管理をkintoneで実施
    • ・各自が作成した資料をアプリに登録
    • ・「作成日」、「利用目的」、「公開範囲」などの情報を登録
    • ・必要な資料はアプリ検索で既存ファイルを取得
  • 導入効果
    • ・資料作成時間を短縮
    • ・本来の業務に注力可能に
    • ・最新ファイルの取得が容易に
    • ・必要な資料を検索で早急に発見できるように

課題2 膨大な販売・顧客情報をExcelで管理している

  • ・顧客の利用状況をリアルタイムで把握できず、対応が遅れる。
  • ・請求・支払い情報が担当者しか把握できておらず、抜け漏れが発生する。
  • ・最新ファイルがどこにあるかわからない。
    など

顧客マスタを簡単に実現

  • kintone 活用
    • ・営業活動に合った販売管理機能をkintoneで再現
    • ・サービスの利用状況や請求情報をメンバーが共有・閲覧できるシステム運用
    • ・外出先でも情報取得ができるよう、さまざまなデバイス対応
  • 導入効果
    • ・常に最新の情報を検索でき、状況把握が容易に
    • ・社外で情報取得が可能となり、案件対応スピードがアップ
    • ・担当者不在でも、顧客対応や請求業務が可能に

課題3 委託先とのデータのやりとりをExcelで行っている

  • ・委託先と販売店。自社の三者間での報告がすべてExcelのため、現在の運用状況が把握できない。
  • ・各種情報共有を月例会で報告しているため、対応が遅れる。
    など

委託先とのコール履歴管理を実現

  • kintone 活用
    • ・kintoneで専用フォームを作成
    • ・「アプローチリスト」と「コール履歴」を作成・連携
    • ・報告書やスケジュール管理、FAQなど1つの業務に関連する情報をすべて集約
  • 導入効果
    • ・データが一箇所に整理されたことにより業務が大幅に効率化
    • ・常に最新の情報を共有できるようになり、顧客に対する対応スピードが向上
    • ・日次報告が可能となったことで、PDCAサイクルが加速

パッケージ型クラウドサービスよりkintoneで
開発したほうが良い理由

kintone開発なら、自社の目的に合わせて有効活用可能です。

1既存のシステムとの連携や高度なカスタマイズが可能

APIを使用し、現在ご利用いただいている既存の基幹システムとkintoneを連携することが可能です。
kintoneアプリをJavaScript・プラグインでカスタマイズできるため、ガントチャート表示やGoogleMapの表示など、お客様のご要望に合わせた機能の追加が可能です。

2フルカスタマイズで貴社に最適な運用を実現

パッケージ型クラウドサービスは、簡単にスピーディーに導入できる反面、カスタマイズができないため、自社の業務フローにぴったりの運用を行うことは困難です。kintoneで開発すれば、フルカスタマイズで、貴社の業務フローに最適なシステムの開発が可能です。

3開発後、運用しながらドラッグ&ドロップで改修可能

システム開発後は、プログラムの知識がなくても、ドラッグ&ドロップで、直感的・視覚的に操作を行うことができ、簡単にシステムの改修が可能です。

4複数の機能を組み合わせたシステム構築も低コストで

ワークフローシステムと勤怠管理、顧客管理と営業日報など複数のシステムを利用する際には、通常、別のクラウドサービスの契約が必要となり、コスト面、システム連携面で問題が生じます。kintoneであれば、低コストで複数の機能を組み合わせたシステムを同時に開発できます。

5アプリの追加も簡単・自由

kintoneでシステム開発を行うと、アプリの追加を画面上で自由にうことができます。必要なアプリを必要なタイミングで簡単に作成することができるため、機動的なシステム運用が可能になります。

6トータルコストの低さ

月額制クラウドサービスとシステム開発で費用を比較してしまうとどうしても、月額制クラウドサービスの方が安いイメージがあります。ただ、kintoneアプリ開発は30万円~対応可能。
ユーザー数ベースで課金されるクラウドサービスを数年単位で利用することを考えると、kintone開発の方がトータルコストが安くなります。

短納期・低コストで開発

月額制クラウドサービスは、初期費用が安く導入しやすいメリットはありますが、カスタマイズがきかないため、どこかで妥協が必要となります。
一方、従来のオンプレミスの開発では、設計・開発などを独自に行うため、膨大な時間とコストが掛かっていました。
kintoneは、必要な機能だけをクラウドアプリに組み込むことが出来るため、短納期・低コストでの開発が可能です。
また、運用開始後の修正やカスタマイズ、機能追加も可能ですので組織の成長に合わせたシステム運用を実現します。

複数の機能を組み合わせたシステムの構築も可能!
たとえば、以下のようなシステムを同時に低コストで開発できます。

開発サービス案内

kintoneを活用しているが、もっと自社用に使いやすくしたい、現状クラウドサービスの導入を検討しているが何がどう違うのか分からない、そのようなお悩みはありませんか。
システムクレイスではkintoneを活用し、お客様がより低コスト・短納期で業務効率化を図れるようサポートします。

お問い合わせ・お見積り依頼

kintoneアプリの開発・カスタマイズに関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください