一問一答Q & A

kintoneに通知機能は有りますか?

kintoneのアプリに誰かがデータを登録したら、通知を受け取ることはできますか?
また、自分がデータを登録した際に通知を送ることはできますか?

誰かがアプリにデータを登録や編集をしたとき通知がほしい、と言う場合、指定したユーザー宛に通知を送信する機能がkintone標準機能にあります。

通知は基本的に宛先に指定したユーザーの「ポータル」ページか「通知」ページに表示されますが、メール通知機能を有効にすれば、ユーザーが登録しているメールアドレスに通知が送信されます。
通知先は組織、グループ、ユーザー単位で指定することができるので、「この部署の人全員に通知したい」「上司にだけ通知したい」などの対応も可能です。

設定方法は下記の通りです。

kintone画面のレコード一覧からレコードの詳細を開き、画面の右上にあるオプションボタン(・・・)をクリックし、ドロップダウンリストにある、「アプリの設定を変更」を開きます。

「アプリの設定」画面が開いたら、「設定」タブをクリックし、設定画面の左下「通知」枠の
・アプリの条件通知
・レコードの条件通知
・リマインダーの条件通知

のいずれかを選択します。ここでは、アプリの通知条件の設定方法の例を記載します。

アプリの条件通知設定例
1)通知先を設定
次の2通りの方法で、通知先を指定できます。
「ユーザー/組織/グループ」欄で、通知先に指定するユーザー/組織/グループを選択。
「フォームのフィールドを追加」のドロップダウンリストから、アプリ上のフィールドを指定する。
(作成者/更新者/ユーザー選択フィールド*/組織選択フィールド*/グループ選択フィールド*)
*フィールドをフォームに配置している場合のみ選択可能。

2)条件を指定
チェックボックスを選択して、1)で指定したユーザーに通知を送信するための条件を指定します。
※アプリを操作した本人、アプリ/レコード閲覧権限を持たないユーザーには、通知は送信されません。

そのほかに、「レコードの条件通知」「リマインダーの条件通知」の設定を行うことができます。

フルカスタマイズのkintone業務アプリを
最短5営業日30万円で開発可能!

Javascriptカスタマイズ、API連携などを用いて、貴社のご要望に応じた業務アプリを最短5営業日30万円で構築します。
プログラムは kintoneと同様にクラウド上で動作するため、ハードウェア等の設備投資・メンテナンス費用は不要になり、低コストでの構築が可能です。

アプリ開発例

kintoneでパッケージとして、提供されている機能を活用し、低コスト・短納期での業務アプリ開発が可能です。
また、基幹システムとの連携や現在ご利用中のシステムと連携したフロントシステムとしての利用など様々なシステムに対応することができます。
システムクレイスは、サイボウズ オフィシャル SI パートナーとして豊富な業務アプリ開発実績があります。

関連する一問一答

お問い合わせ・お見積り依頼

kintoneアプリの開発・カスタマイズに関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください