一問一答Q & A

レコードに表示される時間を24時間表示にできますか?

kintoneアプリのレコードに表示される時間表記が12時間なのですが、これを24時間表記にすることは出来ないのでしょうか?

レコードに表示される時間を12時間表記から24時間表記に変更することができます。

時間表記の変更手順は下記の通りです。

1. まず、kintoneの画面を開き、画面右上にある歯車のアイコンをクリックします。
すると、プルダウンメニューが開きます。
2. 次に、開いたプルダウンメニューの一番上にある「個人設定」をクリックします。
3.「個人設定」の画面が開くので、「時刻表記」の下にある「12時間表記」をクリックすると、
プルダウンメニューが開きます。
4. 開いたプルダウンメニューの「24時間表記」をクリックします。
5.「時刻表記」の文字の下が「24時間表記」に変わったのを確認します。
6. 画面左上にある「保存」ボタンをクリックし、設定を保存します。

※24時間表記から12時間表記に変更したい場合は、同じ手順で24時間表記から12時間表記への変更が可能です。

kintoneでは、時間表記の初期設定が12時間表記になっています。
例えば、初期設定のままである場合、「午前10時」であれば「10:00 AM」、「午後11時」であれば、「11:00 PM」のように表記されます。
「普段スマートフォンやパソコンの時計の表記を24時間表記なのに、kintoneアプリは12時間表記で見づらい・慣れない、普段と同じようにkintoneアプリも24時間表記で見たい!」というときでも、上記の手順で設定を行っていただくことで、個人設定での時間表記の変更が行なうことができます。
例えば、先述した例で言いますと、「10:00 AM」は「10:00」、「11:00 PM」は「23:00」のように表記が変更されます。

しかし、あくまでこの時間表記の設定は、アカウントごとの個人設定です。そのため、お客様ご自身の利用環境にのみ反映される設定となっております。
同じドメイン環境でkintoneアプリを利用する方全員に設定の適用はされません。
もしも、ご利用のkintone環境全体で時間表記の設定を変更したい、もしくは、特定のkintoneアプリのみ時間表記を統一させたい、といった場合には、別途カスタマイズが必要となります。

フルカスタマイズのkintone業務アプリを
最短5営業日30万円で開発可能!

Javascriptカスタマイズ、API連携などを用いて、貴社のご要望に応じた業務アプリを最短5営業日30万円で構築します。
プログラムは kintoneと同様にクラウド上で動作するため、ハードウェア等の設備投資・メンテナンス費用は不要になり、低コストでの構築が可能です。

アプリ開発例

kintoneでパッケージとして、提供されている機能を活用し、低コスト・短納期での業務アプリ開発が可能です。
また、基幹システムとの連携や現在ご利用中のシステムと連携したフロントシステムとしての利用など様々なシステムに対応することができます。
システムクレイスは、サイボウズ オフィシャル SI パートナーとして豊富な業務アプリ開発実績があります。

関連する一問一答

お問い合わせ・お見積り依頼

kintoneアプリの開発・カスタマイズに関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください