kintone基礎講座COURSE

kintoneアプリにルックアップを設定する

kintoneアプリにルックアップを設定する

ルックアップとは、アプリにデータを入力するときに、他のアプリを参照してデータを取得し、コピーすることができる機能です。
例えば、「商談登録」アプリにデータを入力するときに、「取引先マスタ」アプリのデータを参照し、「取引先名」と「社内担当者」の値をコピーする場合のルックアップを設定します。

 

まず、「商談登録」アプリの設定画面を開きます。
アプリの画面右上にあるをクリックし、表示されたメニューから、「アプリの設定を変更」をクリックします。

 

【アプリの設定画面】

アプリの設定画面左上にある「フォーム」タブをクリックして、フォームの設定画面を開きます。

 

【フォームの設定画面】

フォームの設定画面左側にある一覧から、「ルックアップ」パーツをドラッグ&ドロップでフォームへ配置します。この「ルックアップ」は後ほどの設定で「取引先名」フィールドになります。また、同様に「文字列(1行)」パーツをドラッグ&ドロップでフォームへ配置し、フィールド名を「社内担当者」に設定します。

 

【フォームにパーツを配置した図】

「ルックアップ」フィールドの上にマウスポインタを重ねると、右上にが表示されるので、そこから「設定」をクリックし、フィールドの設定画面を開きます。

 

【フィールドの設定画面】

フィールドの設定画面から、各項目の設定を行います。*がついている項目は、入力必須項目であるため、注意して下さい。

・フィールド名*
「取引先名」を設定します。

・関連付けるアプリ*
参照元となる「取引先マスタ」アプリを選択します。

・コピー元のフィールド*

コピー元となる「取引先名」フィールドを選択します。

・ほかのフィールドのコピー
「商談登録」アプリと「取引先マスタ」アプリから、それぞれ「社内担当者」フィールドを選択します。

・コピー元のレコードの選択時に表示するフィールド
「取引先名」フィールドと「社内担当者」フィールドを選択します。
「取引先名」フィールドの「取得」をクリックして「取引先マスタ」アプリから取得した「取引先名」を選択する際、ここで選択したフィールドと、「コピー元のフィールド」で選択したフィールドが表示されます。

・絞り込みの初期設定
「取引先名」を選択する際、設定した条件に当てはまる取引先名だけが候補に表示されます。

・ソートの初期設定
「取引先名」を選択する際の表示のソート順を設定します。
「コピー元のフィールド」で指定できるフィールドと「他のフィールドのコピー」で指定できるフィールドには制限があるため、注意して下さい。

 

【各項目の設定を行った図】

「保存」をクリックし、設定を保存します。

 

「フォームを保存」をクリックし、フォームの保存を行います。最後に、「アプリを更新」をクリックすると、ルックアップの設定がアプリに反映されます。

フルカスタマイズのkintone業務アプリを
最短5営業日30万円で開発可能!

Javascriptカスタマイズ、API連携などを用いて、貴社のご要望に応じた業務アプリを最短5営業日30万円で構築します。
プログラムは kintoneと同様にクラウド上で動作するため、ハードウェア等の設備投資・メンテナンス費用は不要になり、低コストでの構築が可能です。

アプリ開発例

kintoneでパッケージとして、提供されている機能を活用し、低コスト・短納期での業務アプリ開発が可能です。
また、基幹システムとの連携や現在ご利用中のシステムと連携したフロントシステムとしての利用など様々なシステムに対応することができます。
システムクレイスは、サイボウズ オフィシャル SI パートナーとして豊富な業務アプリ開発実績があります。

お問い合わせ・お見積り依頼

kintoneアプリの開発・カスタマイズに関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください