kintone基礎講座COURSE

kintoneでルックアップを設定する

kintoneでルックアップを設定する

kintoneでは他のアプリから必要なデータを効率的にコピーして入力する機能として、ルックアップを設定することができます。これによりデータの入力ミスを防ぐことができます。以下で注文管理アプリと商品管理アプリを例にルックアップの設定方法を説明します。

 

【手順1】
商品管理アプリのデータを注文管理アプリに取り込むために、元データとなる商品管理アプリのデータを登録をして下さい。

 

【手順2】
続いて、注文管理アプリにルックアップフィールドを配置します。
注文管理アプリを開き、レコード一覧画面の右上にあるアプリ設定ボタンをクリックして「フォーム」タブを選択して下さい。

 

【手順3】
その後フォームにテーブルを配置し、テーブルに「ルックアップ」をドラッグアンドドロップして下さい。

 

【手順4】
商品管理アプリから情報を取得したいフィールドも、あわせてテーブルに追加して下さい。

 

【手順5】
ルックアップフィールドの上の設定ボタンをクリックして設定画面を開きます。
その後、「フィールド名」、「商品コード」、「関連付けるアプリ」、「コピー元のフィールド」をそれぞれ設定して下さい。

 

【手順6】
続けて、「ほかのフィールドのコピー」を選択して下さい。
ルックアップ元のレコードから、ほかのフィールドのデータをまとめて取得できます。また、下にある「コピー元のレコードの選択時に表示するフィールド」にて選択したフィールドは取得するレコードの選択画面に表示されます。

 

【手順7】
以下の項目も、必要に応じて設定して下さい。

[絞り込みの初期設定]
絞り込み条件が取得するレコードの選択画面に適用されます。

[ソートの初期設定]
取得するレコードの表示順を設定できます。

 

【手順8】
ルックアップフィールドの設定画面の「保存」をクリックして下さい。

 

【手順9】
テーブル右上にあるテーブル設定ボタンの「テーブルの設定」をクリックして、テーブル名を入力し、「保存」をクリックして下さい。

 

【手順10】
画面右上の「アプリを更新」をクリックし、設定完了です。

【システムクレイスではお役立ち情報をお届けします!】

> メルマガ配信の受付はこちらから

アドバイザリーサービス
定額開発サービス

 

開発サービス案内

システムクレイスではkintoneを活用し、お客様がより低価格・短納期で業務効率化を図れるようサポートします。
「印刷するときに必要な情報を追加したい」、「kintoneで作成したグラフを他のファイルにも簡単に埋め込みできるようにしたい」など、お客様のご希望に合わせたシステム開発・カスタマイズが可能です。

kintone一問一答
~kintoneに関する疑問を解決!~

お客様からお問い合わせいただく、様々な疑問・よくある質問を一問一答形式でご紹介しています。
クラウド導入や自社でのシステム開発をご検討中の方は、ぜひご覧ください。

お問い合わせ・お見積り依頼

kintoneアプリの開発・カスタマイズに関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください