kintoneで開発する見積管理システム開発

見積書の作成から承認・帳票出力・売上分析などを
見積管理システム開発により一元管理できます。

1
最低10日、30万円~の
短納期・低コスト開発
2
フルカスタマイズの
見積管理システムを開発
3
開発後、運用しながら改修可能。
お客様側の操作も簡単です。

見積管理のこんな悩みを解決します

現状の見積管理で次のようなお悩みはありませんか?

  • 見積管理はエクセルでしており、フォーマット崩れ計算式が消えてミスが出るなどの問題が発生している。
  • 営業担当ごとに見積書を作成・保管しており、会社として共有されていない
  • 見積もりの承認紙ベース・メールベースになっており、煩雑である。
  • 提出した見積書を一元管理できておらず、見積もり提出額の分析ができていない。
  • 既存の見積管理ソフトやシステム連携できるシステムがなかなか見つからない。

kintoneで作るクラウド型見積管理システム

既存のシステムで自社にしっくり当てはまる見積管理システムはなかなかないものです。kintoneならカスタマイズ性の優れた見積管理システムが作れるのでお客様の業務フローやご要望に合わせたシステムを、低コスト・スピーディー開発することができます。お客様がご利用されている既存のシステムとの連携するなど、高度な見積管理システム開発まで対応いたします。

画面イメージと機能

開発例(1)kintoneのみで見積管理システムを開発

kintoneのみで低コスト・スピーディーに開発を行う場合の見積管理システムのイメージです。

  • ①見積内容を入力

    顧客アプリと連動し、顧客情報を表示し、見積もりを作成します。

  • ②承認依頼

    見積もりには、上司からのコメントが入れられます。
    上司は確認後、承認済みにします。

  • ③見積書に清書(Excel等)

    見積内容が承認されたら、その内容をExcelなどのお客様所定フォーマットの見積書に清書します。

  • ④見積一覧

    月間、人ごと、顧客ごとの項目で見積内容を絞り込んで閲覧することができます。

  • ⑤グラフ化

    月間、人ごと、顧客ごとの項目で見積内容をグラフ化することができます。

開発例(2)kintone+X-pointによる見積管理システム開発

kintoneにワークフローシステムX-pointを組み合わせ、ワークフローも立ち上げます。

  • ①見積内容を入力

    顧客アプリと連動し、顧客情報を表示し、見積もりを作成します。

  • ②見積もり承認

    X-pointにて社内チェック(ワークフロー)を実施します。完了したら、帳票として社内見積フォーマットにて出力します。承認された見積はPDFまたは印刷して顧客へそのまま提示できます。

  • ③集計

    X-pointで承認完了した見積情報はクエリ機能で集計します。案件ごと、顧客ごと、部署ごとの項目で売上成績などのデータを表示することができます。

開発例(3)kintone+カスタマイズによる見積管理システム開発

開発例(1)のシステムにカスタマイズを加え、より使いやすいシステムを開発します。

  • ①見積内容を入力

    顧客アプリと連動し、顧客情報を表示し、見積もりを作成します。

  • ②承認依頼

    kintoneプロセス管理で見積チェック。OPROARTS等の特定の連携帳票ソフトを利用することにより、承認待ちレコードからの帳票出力をロック(出力帳表を抑止)することができます。

  • ③帳票出力

    承認された見積は帳票出力が可能です。DLしてPDFに捺印、電子印をおして、kintoneからそのままメールで顧客に送付などが可能です。

  • ④集計

    提示した見積を集計。顧客ごと、部署ごと、四半期ごとなどの項目で条件を絞ったデータ集計ができます。

オンプレミスよりkintoneで開発したほうが良い理由

1既存のシステムとの連携や高度なカスタマイズが可能

APIを使用し、現在ご利用いただいている既存の基幹システムとkintoneを連携することが可能です。
kintoneアプリをJavaScript・プラグインでカスタマイズできるため、ガントチャート表示やGoogleMapの表示など、お客様のご要望に合わせた機能の追加が可能です。

2フルカスタマイズで貴社に最適な運用を実現

パッケージ型クラウドサービスは、簡単にスピーディーに導入できる反面、カスタマイズができないため、自社の業務フローにぴったりの運用を行うことは困難です。kintoneで開発すれば、フルカスタマイズで、貴社の業務フローに最適なシステムの開発が可能です。

3開発後、運用しながらドラッグ&ドロップで改修可能

見積管理システム開発後は、システム開発後は、プログラムの知識がなくても、ドラッグ&ドロップで、直感的・視覚的に操作を行うことができ、簡単にシステムの改修が可能です。

4複数機能の見積管理システム構築も低コストで

ワークフローシステムと勤怠管理、顧客管理と営業日報など複数のシステムを利用する際には、通常、別のクラウドサービスの契約が必要となり、コスト面、システム連携面で問題が生じます。kintoneであれば、低コストで複数の機能を組み合わせたシステムを同時に開発できます。

5アプリの追加も簡単・自由

kintoneでシステム開発を行うと、アプリの追加を画面上で自由にうことができます。必要なアプリを必要なタイミングで簡単に作成することができるため、機動的なシステム運用が可能になります。

6トータルコストの低さ

月額制クラウドサービスとシステム開発で費用を比較してしまうとどうしても、月額制クラウドサービスの方が安いイメージがあります。ただ、kintoneアプリ開発は30万円~対応可能。
ユーザー数ベースで課金されるクラウドサービスを数年単位で利用することを考えると、kintone開発の方がトータルコストが安くなります。

ワークフローシステムをKintoneで開発すべき理由

複数の機能を組み合わせたシステムの構築も可能!
たとえば、以下のようなシステムを同時に低コストで開発できます。

よくある質問

システムクレイスは、サイボウズ オフィシャル SI パートナーです。

kintoneアプリ開発・カスタマイズならサイボウズ オフィシャル SI パートナーのシステムクレイスにご相談ください。
システム導入を初めてされる企業様も、移行をお考えの企業様も、また、既にkintoneを利用されている企業様も、kintoneの導入・活用を徹底的にご支援します。
システムクレイスでは、25年にわたりシステム導入・運用のご支援を行ってきた経験をもとに、中小・中堅企業にとって無理のないシステム導入の方法や定着のためのご支援方法を確立しております。
kintoneに関する豊富な知識と、25年にわたり蓄積してきたシステム導入・運用の知見をもとに、手間なくスピーディーな導入・運用支援をご提供いたします。

お問い合わせ・お見積り依頼

kintoneアプリの開発・カスタマイズに関するご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください